このサイトは「mixi」じゃないです。

あなたは、GoogleかYahooあたりで「mixi(ミクシィ)」を検索しようとして「ミクスィ」「みぃ」「mlxl」とか入力してしまって、そのまんま気付かずにこんなページにたどりついてしまいました。
このおっちょこちょい!

ここがフィッシング詐欺サイトでなくて良かったですね〜。

フィッシング詐欺サイト とは?

フィッシング詐欺とは、本物そっくりの銀行サイトなんかを作っておいて、そこに人をおびき寄せて詐欺をはたらくことです。
もしこのページが、もし本物のmixiそっくりにできていたらどうでしょう? ほとんどの人が、何も気付かずに自分のログインID・パスワードを入力してログインしようとしますよね。すると、そのパスワードは詐欺業者に渡って、個人情報が不正利用されてしまいます。
もしそれがmixiでなく、銀行サイトの場合だったらどうでしょう?個人情報どころか、口座の資金を不正に引き出されてしまう恐れがあります。

入力間違いについて

さいきん(2011年以降)とくに、Androidケータイ(スマホ)を使っていて、小文字の「i」(アイ)と「l」(エル)を間違えて
「mixi」を「mlxl」と検索してしまって、このページに来る人が増えています!

こうして比較してみると、たしかにAndroidケータイの「i」(アイ)と「l」(エル)はよく似ています。
パソコンのキーボードの配置に慣れ親しんでいないと、間違ってしまうのも仕方ありません。

とはいえ、あなたが入力に慣れていないからという理由でフィッシング詐欺サイトが見逃してくれるはずがありません。面倒かもしれませんが、初心者だからこそ、こういう問題には注意しましょう。

このページの仕組み

▼ちなみに、このページのHTMLソースコードはこんなかんじです。

このページのHTMLコード冒頭部分の抜き出し

こういう風にページに情報を埋め込んでおくことで、検索エンジンで「mlxl」「ミクスィ」「みぃ」で検索したときに一番上に表示されるようにしているんです。

このページを作った理由

でもなんでこんな変なページを作ったのかって?
それはちょっとしたイタズラ心と、誤変換/誤入力によるSEO効果を実験してみたかったからなんです。

最初はイタズラで作った簡素なページでしたが、アクセス数を調べてみると、ひっかかる人が毎日100人位いました。最初はクスクス笑っていましたが、そのうちこれはまずい事態なのではないかと思い始めました。
なぜなら、これだけ多くの人が詐欺被害者の予備軍なのですから。フィッシング詐欺サイトで個人情報や会社の機密情報を漏洩したり、銀行口座に不正アクセスされてしまったりする可能性があるのです。

それで、フィッシング詐欺に対する注意喚起をはじめることにしました。

みなさん本当に注意してくださいね!

作成:株式会社コエカタマリン